忍者ブログ
三重県名張市のかつての中心地、旧名張町界隈とその周辺をめぐる雑多なアーカイブ。
[968] [967] [966] [965] [964] [963] [962] [961] [960] [959] [958]
 すまんすまん。
 
 10月30日、31日と、あいだがあいてしまったが、10月29日のつづきである。
 
 今年3月21日に催された第十九回ミステリー講演会なぞがたりなばりに関する質問に、乱歩蔵びらきの会からお答えを頂戴した、という話題のつづき。
 
 (2)講演会のPRはどういう手段で進められたのでしょうか。
 
    チラシの配布、ポスターの掲示に加え、ケーブルテレビへ出演し、アナウンサーによるインタビュー形式でPRしました
 
 名張市外へのPRという点で、改善の余地あり、といったところか。
 
 名張市内でPRしたところで、ミステリーに興味があるという市民の数などわずかなものであろう。
 
 さりとて、名張市外へのPRとなると、何をどうすればいいのか、雲をつかむような話というしかあるまい。
 
 この手の事業の難しさが、そういうところにあるわけである。
 
 (3)講演会入場券の予約は往復はがきで受け付けるとのことでしたが、前年度までのようにインターネットが利用できなかったのはなぜでしょうか
 
    19年度は当会が名張市から委託を受けて事業を行ったため、名張市のインターネット環境(市のホームページやメールアドレス)を使うことができませんでした。
 
 あたりまえである。
 
 民間団体として市の事業の委託を受けたのだから、名張市のインターネット環境が利用できないのはあたりまえである。
 
 名張市のインターネット環境が利用できないのは最初からわかっているのだから、民間団体が自前でインターネット環境を用意し、名張市が実施していたサービスのレベルを維持するべきであったと判断されるのじゃが、どうしてそうしなかったのかな、とお訊きしたのじゃがのうばあさんや。
 
 前項の名張市外へのPRという点においても、インターネットの活用は不可欠であると考えられる。
 
名張市公式サイト:なぞがたりなばり > なぞがたりなばり委託事業募集要項(pdf)
 
 この要項には、「対象事業」のひとつとして「江戸川乱歩生誕地名張市をPRする事業」があげられているが、ここにいう「PR」は名張市外へ向けたものだと考えるべきであろう。
 
 だとすれば、PRにあたってインターネットを活用できていないという点において、改善の余地あり、と判断せざるをえない。
 
 (4)委託団体の募集が開始されたのは昨年11月15日でしたが、貴会と市当局による調整がおこなわれたのはいつでしょうか。
   
 (5)調整の内容はどういったものだったのでしょうか。
 
 (6)調整は市当局から貴会に働きかけたものか、あるいは逆に貴会から市当局に働きかけたものか、いずれだったのでしょうか。
 
 (7)公募以前の段階、つまり一般の市民には情報がいっさい開示されていない段階で、市当局と特定の民間団体とが調整を進めるのは不正な行為である、という認識は貴会におありだったのでしょうか。
 
 (4)~(7)まとめて
 第19回なぞがたりなばりの件で、名張市地域経営室から「なぞがたりなばりの委託を募集した場合、乱歩蔵びらきの会は応募してもらえるか?」という話があったのは昨年7月ごろです。ただ、なぞがたりなばりの運営を委託しようという動きがあることはすでに平成20年秋の第18回なぞがたりなばり以前に担当者から聞いていましたし、中さんもお聞きになったはずです。
 事業運営を民間から公募したけれども、応募者はゼロだったという事態を避けたい(と私は担当者から聞きました)ために、あらかじめ関係者に受託の可能性や考え方を打診するのは、別に誇ることではありませんが、不正な行為であるとも考えていません。
 
 さて、面白くなってきた。
 
 そもそも最初の疑問は、こういうものだったわけな。
 
 昨年度なぞがたりなばり事業は昨年11月15日から30日までの期間で委託団体が募集され、本年3月23日に事業が実施された。年度当初に委託団体の募集がおこなわれなかったのはなぜか。
 
 委託団体の募集は年度当初におこなわれるのがふつうじゃね? ということである。
 
 だから、遅れた理由を問いただしたところ、名張市の説明はこうであった。
 
 平成21年度の第19回なぞがたりなばり講演会事業も、当初から民間団体に実施をお願いする方向でしたが、同事業を委託するのは初めての試みであり、募集はしたものの応ずる団体がないという事態を避けたいと考え、受け皿となる団体との調整に時間を費やしたために募集の開始が秋になってしまいました。
 
 で、乱歩蔵びらきの会から頂戴した回答によって、名張市から同会に対し、委託団体の募集に応じてくれるかどうかという打診があったのは昨年7月ごろのことであった、ということが明らかになった。
 
 それはあくまでも、「打診」であったという。
 
 しかし名張市は、それは「調整」であったとしている。
 
 しかも、その調整には時間が費やされた、ともいう。
 
 双方の証言に、微妙なずれがある。
 
 単なる打診であったのか、時間をかけた調整であったのか。
 
 いったい、どっちなのであろうな。
 
 それに、名張市から働きかけがあったという7月ごろを、年度当初と呼ぶことにはかなりの無理がある。
 
 どうして、年度当初にはなんの動きもなかったのであろうな。
 
 そして、7月に働きかけがあったあと、実際に民間団体の公募がおこなわれたのは、11月も後半のことであった。
 
 なんか、話の流れがなめらかではない。
 
 すんなりも、すっきりも、していない。
 
 スカッとせんのうばあさんや、という印象がある。
 
 ずんずびずばーん
 
  ぱっぱやーん
 
 ずんずびずばーん
 
  ぱっぱやーん
 
 あまりにもスカッとせんものじゃから、ちょっと、スキャット、してみましたがのうじいさんや。
 
 うーむ。
 
 謎が謎を呼ぶなぞがたりなばり、といった様相を呈してきたけれど、漫才のネタとしてはそこそこ面白いものになってきたのではないか。
 
 このあたりの証言のくいちがいにどんなツッコミを入れればいいのか、ちょっと思案してみることにする。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
そーりゃまずかろうがとは思いますけどどーすっぺや
 ●人間猫様
 ご投稿ありがとうございます。
 禁煙を開始してまるまる一か月が経過いたしました。おかげさまで途切れることなく継続中ではあるのですが、10月は禁煙したんだから11月はめいっぱい喫煙してやろうかとか、仰せのとおり煙草とお酒をワンセットで考えて、10月は禁煙と飲酒の月だったんだから11月は喫煙と禁酒の月にしようかとか、これが禁断症状ということなのか、危ないことがいろいろ頭のなかでうずまいている感じです。
 さて、お申し越しの件、やっぱりそういうことがありましたか。私が名張まちなか再生委員会に入会する以前のいつかの時期に、どうやらそんなようなことがあったらしいと聞き及んでおりましたので、10月22日付エントリにこんなことを記しました。
…………………………………………………………………………………
 新町の旧細川邸やなせ宿は、開設初年度は無競争でまちなか運営協議会が管理運営を手がけるが、二年度目からは指定管理者制度を導入する、ということになっておった。
 指定管理者制度が採用されるということは、指定管理者の募集にあたって競争原理が働く、ということである。
 だとすれば、まちなか運営協議会に市職員が加わっているのはまずいのではないか、という話になったらしい。
 指定管理者を公募して、かりに三団体が名乗りをあげたとする。
 指定管理者候補団体A……市民 市民 市民 市職員
 指定管理者候補団体B……市民 市民 市民 市民
 指定管理者候補団体C……市民 市民 市民 市民
 こんなことになったら、ちょっとまずいんじゃね? という声が、再生委員会の内部からあがったという。
 そりゃまずかろう。
 だから、当初は加わる予定になっていたらしいのだが、まちなか運営協議会は市職員を抜きにして発足することになったと伝え聞く。
…………………………………………………………………………………
 やっぱりまちなか運営協議会、「当初は市職員もメンバーに名を連ねていたのですが、市の業務委託を受けるにあたって、まずかろうと言うことで全員引き上げた」といったことでしたか。名張市の職員が協議会から引きあげたのは適切な判断だったと思われますが、官民の癒着結託を断ち切るためにそうした判断が過去にくだされているにもかかわらず、まちなか運営協議会が旧細川邸やなせ宿を管理運営するにあたって「市の職員を留守番や手伝いに勝手に利用している」ということが、いまもなお現在進行形でおこなわれているのでしょうか。もしもそうだとしたら、そーりゃまずかろうが、どーすっぺや、とは思いますものの、なんかもう、どーしよーもなくね? とも思います。それが実感です。どうよこの無力感。
 今後ともよろしくお願いいたします。
人間豹 URL 2010/11/02(Tue)18:34:04 編集
業務委託の件
ご無沙汰しています。禁煙は続いておられますでしょうか?この際、お酒もおやめになってはいかがかと思ったりしているところでございます。
 さて業務委託の件 「19年度は当会が名張市から委託を受けて事業を行ったため、名張市のインターネット環境(市のホームページやメールアドレス)を使うことができませんでした。」と言うことですが。

市から業務委託を受けた民間団体が市の物を勝手に使うことができないのは当たり前のことだと思いきや、市から業務委託を受けた、とある民間団体は(その生い立ちからしてあやしい団体だと言うことですが)市の職員を留守番や手伝いに勝手に利用していると聞いたことがあります。
 ちなみにこの団体。当初は市職員もメンバーに名を連ねていたのですが、市の業務委託を受けるにあたって、まずかろうと言うことで全員引き上げたと言うことです。
あまりにもちぐはぐなお話でございます。
人間猫 2010/11/01(Mon)18:38:08 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:

Copyright NAKA Shosaku 2007-2012