忍者ブログ
三重県名張市のかつての中心地、旧名張町界隈とその周辺をめぐる雑多なアーカイブ。
[1006] [1007] [1008] [1009] [1010] [1011] [1012] [1013] [1014] [1015] [1016]

江戸川乱歩年譜集成

大正2年●1913 大正4年●1915

 

大正三年(一九一四)

 

年齢:十九歳→二十歳、数え年二十一歳

学年:大学本科一年→二年

住居:東京市牛込区喜久井町五番地

→牛込区西江戸川町→東京市外戸塚町

→牛込区喜久井町

 

二月

平井太郎、級友数人を誘って原稿用紙を綴じた回覧雑誌「白虹」を発行。一年あまりのあいだに五冊ほど出し、太郎は「経済学上の欲望の研究」、翻訳「経済学と心理学の関係を論ず」、幻想小品「夢の神秘」、叙事詩「オルレアンの少女」を寄稿した。[貼雑年譜]

 

五月

太郎、横浜から上京した叔父・岩田豊麿一家が牛込区西江戸川町に借りた家に祖母・本堂つまと同居。[貼雑年譜]

 

八、九月ごろ

平井きく、通と敏男を伴って朝鮮から上京、 東京市外戸塚町の早稲田大学野球場のそばに素人下宿を開業。太郎とつま、岩田家からここに移る。[貼雑年譜]

 

九月ごろ

太郎、菅生辰次郎の紹介により、憲政会院外幹事だった川崎克が経営する自治新聞の編集を手伝い、月五円の手当を稼いだ。[先生に謝す/昭和31年2月][貼雑年譜]

 

十一月五日(木)

自治新聞第一号が発行され、太郎が書いた記事「金原明善翁」が掲載された。自治新聞は大正四年一月号で資金難のため廃刊。[貼雑年譜]

 

十一、十二月ごろ

太郎、家族とともに牛込区喜久井町に転居。八、九月ごろまで住んだ家とは別の借家で、朝鮮の繁男も引き上げてきて家族が揃った。[貼雑年譜]

 

この年

太郎、主として宗教について記した「漫筆録」二冊を執筆。[貼雑年譜]

 

この年か

太郎、ポーの「黄金虫」を読んで驚愕に近い感じを受け、海外探偵小説を愛読し始める。ドイル作品も読み、翻訳や創作を試みたほか、暗号にも興味をおぼえた。[私の探偵趣味/大正15年6月][ポオと通俗的興味/昭和4年3月][探偵小説四十年 ポーとドイルの発見/昭和24年10月・11月][貼雑年譜]

 

[2012年5月17日]

PR

Copyright NAKA Shosaku 2007-2012