忍者ブログ
三重県名張市のかつての中心地、旧名張町界隈とその周辺をめぐる雑多なアーカイブ。
[1005] [1006] [1007] [1008] [1009] [1010] [1011] [1012] [1013] [1014] [1015]

江戸川乱歩年譜集成

明治45年・大正元年●1912 大正3年●1914

 

大正二年(一九一三)

 

年齢:十八歳→十九歳、数え年二十歳

学年:大学予科一年→本科一年

住居:東京市小石川区春日町→牛込区喜久井町五番地

 

三月

平井太郎、帝国少年新聞の発行を企画し、「主意書」「推薦状」「支部について」を印刷。費用として菅生辰次郎の弟・邦三に二十円を出資してもらったが、資金がつづかず、新聞も発行できなかった。[貼雑年譜]

 

三月二十七日(木)

太郎、上京した母方の祖母・本堂つまと牛込区喜久井町五番地に住宅を借りて同居。つまは太郎の苦労を見かねて上京した。名古屋から太郎の弟・通を呼び寄せて三人で暮らしたが、通は夏ごろ、朝鮮の父母のもとに帰った。家には本堂つまの表札と並べて帝国少年新聞社の札を掲げた。[貼雑年譜]

 

七月

太郎、早稲田大学経済学部予科修了。[貼雑年譜]

 

九月

太郎、早稲田大学政治経済学部本科に進み、経済学を専攻する。[貼雑年譜]

 

九月二十五日(木)

太郎の親友、丹下高福が名古屋市で死去。太郎、丹下家から届いた電報の裏に「吃驚落胆」「南無阿弥陀仏」と記す。[貼雑年譜]

 

[2012年5月16日]

PR

Copyright NAKA Shosaku 2007-2012