忍者ブログ
三重県名張市のかつての中心地、旧名張町界隈とその周辺をめぐる雑多なアーカイブ。
[101] [100] [99] [98] [97] [96] [95] [94] [93] [92] [91]
朝から雨である。夜には宇流冨志祢神社秋祭りの宵宮が営まれる。天気予報によれば、雨は午前中だけ、午後はくもり。宵宮の提灯行列には、傘の必要はないようである。

一週間後、来週の土曜には、「隠街道市」の初日を迎える。日程は11月3日と4日の二日間。

ポスターがこれ。

20071027a.jpg

下のほうに記された関連団体を写しておく。

   
主催 名張地区まちづくり推進協議会
協賛 名張商工会議所
協力 名張市物産振興会
□□□古町を考える会
□□□(社)名張市観光協会
□□□皇學館大学
□□□名張能楽振興会
□□□春を呼ぶ会
□□□温故会
□□□名張史跡顕彰会
□□□まちなか再生委員会
□□□名張シンクス

例によって例のごとく、多様な主体の協働であるらしい。昨年は名張まちなか再生委員会の主催で催され、ことしは名張地区まちづくり推進協議会が主催団体ということになっているが、結局のところは、うすらばか集めてなんの騒ぎだ低能ども、という話なのである。

しかしまあ、あんまりきついことは書かないでおくか。どうせ11月3日の講演「タイムスリップ初瀬街道 東海道から参宮表街道へ」で、この隠街道市とかいうコミュニティイベントは、もうぼこぼこに叩かれることになるのだからなあ。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:

Copyright NAKA Shosaku 2007-2012