忍者ブログ
三重県名張市のかつての中心地、旧名張町界隈とその周辺をめぐる雑多なアーカイブ。
[226] [225] [224] [223] [222] [221] [220] [219] [218] [217] [216]
12月22日、土曜。三連休初日。人生の岐路に立って鬱病になりそうだと思い悩んでいるらしい知人が来訪。午後2時すぎからふたりでワインを飲み、ユングの話など。知人は夕刻に帰宅し、夜、べつの知人が夫婦で来訪。鍋をつつきながら焼酎を飲む。

12月23日、日曜。午後、鬱になりそうな知人がふたたび来訪。鬱でない知人も来訪し、三人で鬱病の話など。夕刻、ふたりが帰ったあと、サンタクロースの衣装を着て、知人宅のクリスマスパーティへ。

12月24日、月曜。振替休日。ぐったり。

12月25日、火曜。歳暮で伊賀牛が到着。夜はすき焼きにしようと考えているところへ、知人から電話。新鮮な牡蠣がとどいたから、これからもっていってやろうという。結局、牡蠣は生で、牛肉は焼いて、日本酒や焼酎やウイスキー、わけがわからなくなるまで飲む。

12月26日、水曜。あまりおぼえていないが、ほぼぐったり。

12月27日、木曜。やはりぐったり。たぶんこの日のことだと思うが、夕刻までテレビで「獄門島」。

12月28日、金曜。ぐったりしていたが、夜は知人宅でおでんと焼酎、わけがわからなくなるまで。

12月29日、土曜。ぐったりしながら伊賀市に赴き、昼は九庵のうどん、そのあとKip'sでコーヒー。知人からオールドパー一本、もらって帰る。夕刻までテレビで「病院坂の首縊りの家」。

12月30日、日曜。ひさしぶりで朝食を食べる。

そんなこんなで、ここ一週間ほど、かなりへろへろになっていたのだが、ただの飲みすぎではなくて、知人の鬱がうっすら伝染していたのかもしれない。ようやくへろへろが終わったので、このままおだやかな歳末を過ごしたいと思う。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:

Copyright NAKA Shosaku 2007-2012